ブログ

2014.10.30更新

虫歯の深さを測る機械をご存じですか?

歯に黒い色がある場合、虫歯かも!?

すぐに治さないといけないと思われてませんか?


ダイアグノデントという機械は黒い所にチップをあててレーザー光線で深さを測りその状態を数値化します。
0~99の数値で30をこしたら虫歯として判断します。
レントゲン、肉眼で発見できない表面からでは判別しにくい初期の虫歯や歯と歯の境目にある虫歯の深度をレーザーの反射を利用して痛みもなく診断することができます。(10~15秒で診断できます)
  

ただし、30をこえたからといってすぐに削って治すのではなく、少し様子を見ることもあります。(定期的に3ヵ月に一度健診に来ていただき、その後数値を確認していきます。

歯ブラシをしっかりとしていただき、なおかつフッ素の使用をおすすめします。



虫歯の経過を数値的に追えるため、どういった治療が必要かあるいは、経過観察中の虫歯の進行度合いが把握できるので、患者様にも分かりやすくご提示できるようになります。

投稿者: せきや歯科クリニック

お悩みの事がございましたら
お気軽にお問い合わせください

24時間受け付けております WEB予約はこちらから