ブログ

2014.09.29更新

朝起きたらお口の中が"ネバネバ"していた!
このような経験をされた方は多いと思います。
お口の中には、たくさんの細菌がすんでおり、そのなかの1つ『ミュータンス菌』が主な虫歯の原因菌といわれています。
虫歯菌は、食べ物の中に含まれる糖質を栄養とし、歯や歯茎の表面に"ネバネバ"した細菌を作りだします。
この"ネバネバ"した物質の中に虫歯菌や他の細菌がすみついていき、どんどん増えていきます。
これが、歯垢(プラーク)といわれるものです。
歯垢は、しっかり歯や歯茎の表面に付着しているので、うがいなどでは十分に落とすことができません。
歯ブラシや歯間ブラシ、フロスなどを使い、丁寧にしっかり磨いていくことがとても大切です。

投稿者: せきや歯科クリニック

お悩みの事がございましたら
お気軽にお問い合わせください

24時間受け付けております WEB予約はこちらから