せきや歯科クリニック

2014年8月 8日 金曜日

歯と歯の間のむしばって、どうやって発見するの?

台風が近づいてきてる影響でしょうか?
名古屋もいよいよ雨が降ってきました

さて、今日の話題は

「歯と歯のむしば」ですflair

奥歯のかむ面のむしばは比較的小さいうちに発見でき(早期発見!)
むしばの深さをレーザーで計測することができるので、
穴が開いたりしていない むしばの初期から
予防することができます!

ところが、歯と歯の間は見えないので肉眼でも発見しにくく、
もちろんレーザーも届きません。

では、どうしたら「歯と歯のむしば」は早期発見できるのでしょう!

それには昔から変わらず
"レントゲン"  しかありませんgood

例えば、こちら 5才のお子さんですhappy01
とてもきれいに歯磨きしていて、歯並びも良好shine



乳臼歯の歯と歯の間のむしばをチェックするために

咬翼法(こうよくほう)という方法のレントゲンを撮ってみました。

すると・・・



8本中7本にむしばが発見されましたwobbly

早期発見ができたので、小さな詰め物で治りましたconfidentshine


当院では、半年に一回程度レントゲンでむしばチェックさせていただきますscissors

ご希望の方はスタッフまでお声をかけてくださいpaper



投稿者 せきや歯科クリニック